臭いものは美味しいと言う楽しい法則を発見

臭いもの。そして美味しい物。この二つは案外切り離せない関係にあるのかもしれません。
例えば納豆。臭いですけれど美味しいから、私は毎晩タマネギのみじん切りをトッピングしてドレッシングで食べています。
そして今夜、忘れていたんですけれど、臭くて美味しい物をまた一つ思い出すことになりました。
それは、仕事帰りにスーパーに寄った時です。豚のモツが売れ残っておつとめ品になっていたのです。
結構な量が入っていて、凄く安かったのです。
でもモツは、ちょっと臭うので、自宅での調理はどうかな…とためらってしまいました。
それでも値段が安い。
そして、一応白モツということで、生じゃなくて下処理済なのです。
これならいけるかもしれないと思って、その場でスマホをだしてクックパッドを検索すると、モツ煮のレシピを見つけました。
これならモツだけ買ったら、後は家にある材料で出来るかもしれないとおもって、意を決して豚の白モツを買ったのです。
そして帰宅後、くつくつと味噌味のモツ煮を作りました。
やっぱり台所は臭くなりましたよ。無傷ではいられないモツの臭いです。
でも凄く美味しくて、思わずビールを飲んでしまいました。こんな風に居酒屋メニューを家で作ることが出来るんだと嬉しくなりましたし、とっても美味しくて大満足です。http://www.foosquare.com/vio-datsumo/