浪江町の馬場有町長死去、本当に頑張りましたね

原発事故の影響で一時期全町避難になっていた浪江町の馬場有町長が6月27日にあと3日の任期を残してお亡くなりになられたそうです。
私は浪江町の住人ではありませんが、原発事故の後からこの町長が指揮を取っている姿をニュースでよく拝見していました。
原発事故後、避難している自治体では町長が変わった所もありましたが、馬場さんはずっと町長として指揮を取って来ました。
東電への怒りもあると思いますし、中にはクセのある町民もいたりして私たちには分からないような苦労もたくさんあったと思います。
体調が悪くなってしまったとのことですが、過労から病気になってしまったのではないかなと思います。
すぐに放射能との因果関係に結び付ける人がいますが、それが原因ならば浪江町から避難している人たちは続々亡くなってるでしょう。
この前辞表するというニュースを見たばかりだったので突然亡くなってしまい驚きました。
まだやり残したこともきっとたくさんあったことでしょう。
次の町長が誰になるのかは分かりませんが、次の方が馬場町長の思いも引き継いで馬場さんは安らかに眠って欲しいです。ssc脱毛